オアシス妙典

Information

News

2023/08/16

9/9(土) バロックヴァイオリンコンサート♪

 

オアシス妙典にてまたまた素敵なコンサートが開催されます✨

 

数々の賞を受賞され、現在フランス在住、
世界を舞台に活躍されているお二人のコンサートです。

 

■日時:9月9日(土)

開場11:30/開演12:00

開場15:00/開演15:30

 

■料金 4,000円(子供2,000円)

■ご予約・お問い合わせ

TEL:047-337-1251(依田)

E-mail:vnsince1793@gmail.com

 

以下、お二人のプロフィールも掲載させていただきます。

■演奏者プロフィール■

◇依田幸司

バロック音楽と現代音楽を演奏する、アンサンブル・ラ・トンペット Ensemble la Tempête (シモン・ピエール・ベスティヨン)の首席バイオリニストを務める。

パリを拠点に、オーケストラ、レ・ミュジシャン・ドゥ・ルーヴル(マルク・ミンコフスキ)、アンサンブル・アルタセルセ(フィリップ・ジャルスキー)、アンサンブル・カペラメディテラネ(レオナルド=ガルシア・アランコン)、ル・コンセール・スピリチュエル(エルヴェ・ニケ)、アンサンブル・レ・アンバサダー(アレクシス・コセンコ)など、フランスの主要なバロックオーケストラ・アンサンブルで活動中。

ザルツブルク音楽祭、ユトレヒト国際古楽音楽祭を始めとするヨーロッパ各地の音楽祭、パリ・オペラ座を始め、ウィーン国立歌劇場、ベルリン・フィルハーモニーホール、ハンブルグ・エルプフィルハーモニーホール等の欧州の主要なホールにて公演、好評を博す。

第七回大阪国際コンクール第二位、あわせて市長賞受賞。

ノルマンディー国際室内楽コンクールにてフォーラム・ノルマンディー賞、併せて審査員特別賞受賞

桐朋学園大学・演奏課程、桐朋学園大学院大学・音楽研究科演奏研究専攻を卒業。

2009年渡仏

エコールノルマル・ドゥ・ムジーク・ドゥ・パリ第五課程、第六課程修了(ヴァイオリン・室内楽)

2010年よりオーベルヴィリエ・ラクルヌーヴ市立高等音楽院バロックヴァイオリン演奏科、2013年よりパリ市立音楽院にてバロックヴァイオリン・コンサーティスト課程(2017年修了)

バロックヴァイオリンをパトリック・ビスムス、エンリコ・オノフリ、ファビアン・ルーセル諸氏に、古楽アンサンブルをダビッド・シンプソン、ジャン・チュベリー、ステファン・フュジェ諸氏に師事。

これまでに、藤原浜雄、吉川朝子、富川和子、ジャン・ムイエール各氏にヴァイオリンを学ぶ。

また、幼い頃からの情熱であるフランス菓子製菓をパリ・ベルエコンセイユ製菓学校にて学び、さらにはパリ・ピエールエルメ本店にて研修生として製菓に携わり、薫陶を受ける。

2012年春、ピエール・トロセリエ(クラヴサン)との来日公演では金沢、東京、千葉でのコンサートでの共演、またパリ、ノルマンディーにて予てからの夢を実現した味覚と音楽の融合のコンサートを開催。大好評を博す。

 

◇日暮霞(Kasumi Higurashi)

奈良県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。京都市立芸術大学弦楽専攻を卒業後、渡欧。

パリ・スコラカントルム音楽院のcycle superieur の課程にて審査員満場一致の最優秀の成績でディプロムを取得。

ベルギー王立ゲント音楽院を経て、スヴィッツェラ・イタリアーナ音楽院にて修士演奏課程を修了。

フランス、ストラスブール地方音楽院のバロックバイオリン修士課程を修了。

60回日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部入選。日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。第三回名古屋アンサンブルフェスタin 宗次ホール特別講師賞受賞。

2014年フランスのサントにて、ピリオド楽器を用いたオーケストラの講習会に参加して以来、ピリオド奏法に情熱を抱く。現在パリを拠点に、レザール・フロリサン、ルーブル宮音楽隊、コンセールスピリチュエルなど、数多くのバロックアンサンブルにて活動中。

これまでにヴァイオリンを北浦洋子、辻久子、五十嵐由紀子、澤和樹、大谷玲子、中島慎子、森悠子、安紀ソリエール、ジャン゠ピエール・ヴァレーズ、アレッサンドロ・モッチアの各氏に師事。

バロックヴァイオリンをステファニーフィステル、ステファニー・ポレの各氏に師事。

     
contact us tel reserve